イソフラボンのメリットを享受しよう

イソフラボンとエストロゲン

イソフラボンは「美人ホルモン」ともよばれているエストロゲンと同じ働きをする成分です。
実はこの「美人ホルモン」とよばれているエストロゲンは、残念ながら40歳を過ぎてくる辺りから減少していきます。
このエストロゲンが減少してしまうと、体調不良や更年期障害、頭痛やイライラなどの症状がでてきてしまいます。
イソフラボンにはこのエストロゲンを助ける効果があります。
ではこのイソフラボンとエストロゲンとの関係性をみてみましょう。

イソフラボンとエストロゲンとの関係とは?

イソフラボンとは大豆の胚芽部分に多く含まれている成分で、フラボノイドの一種です。
このイソフラボンは女性にとって大事な女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ており、植物エストロゲンともよばれ、エストロゲンと深い関わりがあります。
つまり、40歳を過ぎてエストロゲンが減少する頃に減少したエストロゲンをサポートしてくれる働きがあるのです。

イソフラボンの働きとは?

イソフラボンはエストロゲンをサポートする働きだけでなく、女性ホルモンのバランスを整える効果もあります。
女性ホルモンのエストロゲンが増え過ぎてしまうと、乳がんや、子宮がんなどを発生させてしまう原因になるのですが、イソフラボンはこの増え過ぎたエストロゲンを抑え、女性ホルモンのバランスをとる働きもしてくれます。
女性ホルモンのバランスが良くなると、美肌効果や、美白効果、女性らしい体つきや、自律神経を安定させる効果もあります。

イソフラボンを多く含む食品とは?

ではここでイソフラボンを多く含む食品をみてみましょう。

・大豆飲料125mlでおよそ65.0mg
・油揚げ75gでおよそ52mg
・味噌大さじ1杯(18g)でおよそ7mg
・きな粉大さじ1杯(18g)でおよそ45mg

1日の目安量がおよそ75mgほどですからこの数字を目安に摂る事をおすすめします。

いかがでしたか?イソフラボンには、年々減少するエストロゲンをサポートする働きだけでなく、女性ホルモンのバランスを整え、女性にとって嬉しい効果が期待できる優れた食物成分です。
このイソフラボンを日々の生活の中で摂り入れて、健康で若々しい体を目指してみませんか? まずは、イソフラボンのサプリメントで気楽にはじめてみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る