イソフラボンのメリットを享受しよう

イソフラボンの過剰摂取に注意

イソフラボンは年齢と共に減少する女性ホルモンを助ける効果があり、女性に嬉しい美肌効果や、更年期障害の改善など様々な作用をもたらしてくれます。
しかし、このイソフラボンを過剰に摂取してはいけない事をご存知でしょうか?ここではイソフラボンが過剰に摂取するとどうなるのかをまとめてみました。

イソフラボンとエストロゲンとの関係性とは?

イソフラボンには女性ホルモンで知られるエストロゲンと同じ働きがあります。
このエストロゲンには女性らしさを作る上で大変必要なホルモンの事で、妊娠や更年期障害にも関係があります。
このエストロゲンは「卵胞ホルモン」ともよばれ、脳の視床下部から脳の下垂体を刺激するホルモンが分泌されると、脳の下垂体が卵胞を刺激し、卵巣の中の卵胞を成長させます。
卵胞が成長すると卵胞からエストロゲンを分泌させ、子宮の内膜を厚くし、妊娠しやすい体にしてくれるホルモンです。
そしてエストロゲンは妊娠だけでなく、若々しい肌に保つ効果や、自律神経を整える効果もあります。
イソフラボンはこのエストロゲンと似た働きがあるので、イソフラボンにも妊娠だけでなく、美肌効果や自律神経を整えてくれる効果があるのです。

イソフラボンを過剰に摂取するとどうなってしまうのか?

イソフラボンは女性に嬉しい作用をもたらす成分ですが、摂取しすぎるのは良くありません。
なぜなら、イソフラボンと同じ働きであるエストロゲンの分泌が多くなってしまうと体が勘違いしてしまい、エストロゲンの分泌を少なくし、プロゲステロンの分泌を多くしてしまうからです。
このプロゲステロンとは黄体ホルモンともいい、このエストロゲンとプロゲステロンを女性ホルモンといいます。
このプロゲステロンは妊娠維持に欠かせない「ステロイドホルモン」の一種です。
エストロゲンが若々しい肌を作る効果がありますが、プロゲステロンには皮脂量の増加や、メラニンの生成を増殖させる働きがあり、大人のニキビや皮膚の老化の原因を作ってしまいます。
その事から、エストロゲンが美人ホルモンとよばれる反面、プロゲステロンはブスホルモンともよばれています。
またプロゲステロンが増え過ぎると、これが原因で生理不順やPMSなどの症状を悪化させてしまいます。

イソフラボンの摂取目安はどのくらい?

イソフラボンの1日の摂取目安はおよそ75mgまでです。
サプリメントからの摂取ですと上限値はおよそ30mgになります。
味噌汁1杯で約6mg、豆腐で1丁に約60mg、納豆ですと1パック約35mg含まれています。

イソフラボンをの一日の摂取量を守りましょう!

イソフラボンは女性に必要なエストロゲンと同じ働きをもつ優秀な成分ですが、だからといって過剰に摂取してしまっては、逆効果にもなってしまいます。
お手軽に摂る事ができるイソフラボンですが、1日の適量を守る事も大切なのです。

ページのトップへ戻る