イソフラボンのメリットを享受しよう

イソフラボンの美白効果は?

女性の体の様々な悩みに効果のあるイソフラボンですが、美白にもこのイソフラボンの効果が期待できます。
ではここで、イソフラボンがなぜ美白にも効果があるのかの秘密に迫ってみたいと思います。

イソフラボンとはどんな成分?

イソフラボンとはフラボノイドという植物に含まれている色素や苦みなどの成分でポリフェノール類の1つになります。
このフラボノイドはフラボノール類、フラボン類、カテキン類、アントシアニン類、イソフラボン類に分類され、その中の1つがイソフラボンです。
このイソフラボンは豆科の植物に多く含まれ、女性ホルモンのエストロゲンと化学構造が似ているため、良く似た働きをする成分です。

イソフラボンの美白効果の秘密とは?

ではなぜイソフラボンに美白効果があるのでしょうか?イソフラボンは若々しく、美しい女性にとって必要な女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする事で様々な効果をもたらしてくれるからです。
イソフラボンを摂取すると、肌の代謝を促す働きがあり、その働きで肌の生まれ変わり(ターンオーバーという)を活発化させ、年齢共に肌に蓄積される古いメラニンを排出し、シミやソバカスを予防してくれ、明るく透明感のある肌に導いてくれるのです。
さらに、イソフラボンには強い保湿効果もあるので、シミやソバカスだけでなく、乾燥も防いでくれ、小じわなどにも効果があります。

イソフラボンを食品で摂る方法とは?

イソフラボンの美白効果を食品で摂る事で美白効果が期待できます。
イソフラボンはどのような食品に入っているのでしょうか? イソフラボンを含む食品の代表的なものに、お味噌汁や豆乳、豆腐などが挙げられます。
中でも豆乳は調整豆乳と無調整豆乳があり、無調整豆乳の方がより多くのイソフラボンを摂取する事ができます。
1日の摂取量はおよそ40mgから75mgまでに抑えましょう。
食品の目安でいいますと、味噌汁1杯に約6mg、納豆1パックで約35mg、豆乳1パック(200g)で約50mgのイソフラボンが含まれています。
これらの食品もを毎日摂る事で、美白だけでなく腸内環境を良くする効果もあるので、体内からもきれいになる効果が期待できます。

イソフラボンの化粧水の使い方とは?

美白効果の高いイソフラボンですが、口からの摂取だけでなく、化粧水からもお肌に取り入れる事ができます。
その方法をみてみましょう。
まず、イソフラボンの化粧水を使う際はバシャバシャと使わず、手のひらでじっくり温めながらお肌の奥に浸透させるように馴染ませるようにします。
その時コットンなどに化粧水を含ませ、ローションパックなどでイソフラボンをじっくり肌に浸透させる方法がおすすめです。
時間は約5分ほどそのままにしておきます。
そうする事でお肌の奥までイソフラボンが浸透し、若々しい肌へと導いてくれます。

イソフラボンを中から外から摂る事で美白をキープしましょう

いかがでしたか?イソフラボンは食品だけでなく、化粧水など肌から浸透させる事で、より早く効果的に美白をしる事ができます。
イソフラボンを毎日の生活に摂り入れ、美白だけでなく健康維持にも役立ててみてくださいね。
また、そんな気になるイソフラボンの副作用についても参考にご覧ください。

ページのトップへ戻る