イソフラボンのメリットを享受しよう

イソフラボンの化粧水

体にとって大変良いイソフラボンですが、そのイソフラボンが化粧水や乳液に変化すればどのような効果が得られるのでしょうか? 良く耳にするイソフラボンの化粧水や乳液について調べてみました。

イソフラボンの化粧水とは?

はじめに、イソフラボンとはポリフェノールの一種で大豆などの豆科の植物に多く含まれています。
そしてこのイソフラボンは女性の美容と健康維持に欠かせない女性ホルモンと同じ働きがあり、このイソフラボンを肌と相性が良く開発されたものが、イソフラボンの化粧水なのです。
イソフラボンの化粧水は、ダイズ種子エキス・ダイズエキス・豆乳発酵液・ダイズ発酵エキスなどといった名前で表示されており、その中にイソフラボンが含まれているのです。

イソフラボンの化粧水の3つの特徴とは?

ではイソフラボンの化粧水の3つの特徴とはどういったものなのでしょうか?詳しくみてみましょう。

1.自然由来で肌に優しい
イソフラボンは豆乳に含まれており、天然成分でもあるため、お肌に優しい特徴があります。
そしてイソフラボンの化粧水は保湿効果が高く、乾燥肌に大変効果があります。

2.ハリや弾力をもたらす
豆乳イソフラボンは肌に必要なコラーゲンを生成し、保湿効果の高いヒアルロン酸を活性化させる働きがあります。
このコラーゲンとヒアルロン酸の効果によってお肌にハリや弾力をもたらしてくれます。

3.美白効果
豆乳イソフラボンには植物性のプラセンタが含まれており、この成分はシミやソバカスの原因のメラニンに働きかける事で、肌のターンオーバーを正常化させ、シミやソバカスなどの黒ずみを排出させて、美白効果をもたらします。

イソフラボンは摂取だけでなく肌にも効果的な成分

いかがでしたか?大豆イソフラボンは飲むだけでなく、肌につけるだけでも効果のある、大変優れた成分です。
年々女性は、しわやシミ、ソバカスなどに悩まされがちですが、そのようなお悩みをお持ちの方は、イソフラボンの化粧水を使ってみてください。

ページのトップへ戻る