イソフラボンのメリットを享受しよう

イソフラボンで女性が得られる効果

大豆に含まれているイソフラボンは、中年女性に優しい効果のある栄養成分です。
なぜなら年々減少してくる女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするからです。
女性ホルモンが減少してくると、どのような事が体内で起こってしまうのでしょうか?
今回はこのイソフラボンが女性の体内でどのような働きをするのかをまとめてみました。

イソフラボンと女性ホルモンとの関係性とは?

豆腐や味噌などに含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをしてくれる成分です。
大豆イソフラボンを別名ゲニステインといいますが、この化学構造と女性ホルモンのエストロゲンの化学構造が似ているので、その効果も似ているのです。
女性ホルモンは年々減少し、その結果、肌のくすみや、皺が出来やすい、頭痛やイライラなどの更年期障害といった症状の原因にもなります。

妊活には女性ホルモンが必要!その理由とは?

女性ホルモンは、美肌や若さを保だけででなく、生理周期などにも関係性があり、今注目されている「妊活」にも大きく影響しています。
女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲストロン」という2つのホルモンがあり、「エストロゲン」は子宮内膜を厚くし、受精卵が着床しやすい環境にしてくれる成分で、「プロゲストロン」は子宮の厚みを整えるだけでなく、卵胞を成熟させ、排卵させる役割があります。
この2つのホルモンは妊活にとても重要なホルモンです。
年々高齢出産が進む中で、妊娠出来ない理由の一つに卵子の老化だけでなく、女性ホルモンの減少が影響しているのです。

女性ホルモンと似たイソフラボンの5つの効果とは?

では女性ホルモンと似ているイソフラボンの5つの効果をみてみましょう。

1.更年期障害の緩和
更年期障害の症状として耳鳴りや、ほてり、肩こりなどの症状がありますが、大豆イソフラボンを摂取することでこの症状が緩和されるという研究結果があります。

2.美肌効果
お肌のハリや、皺の原因は女性ホルモンの減少が原因です。
大豆イソフラボンには、女性ホルモンと似ている効果があるため、お肌の老化防止に役立つ働きがあります。

3.メタボリックシンドロームの改善
女性ホルモンが減少すると、コレステロールの値が上がり、中性脂肪が増加する事で、メタボリックシンドロームになりやすくなってしまいます。
ですが大豆イソフラボンは、体脂肪やコレステロールの値を減少させる効果があります。

4.血行不良の改善
女性ホルモンが減少すると、肩こりや冷えに悩まされる方が多くなります。
これは女性ホルモンの減少で血行不良が起こる事が原因です。
大豆イソフラボンを摂取すると、血液がサラサラになり、血行不良の改善効果があります。

5.骨粗しょう症の予効果
女性ホルモンが減少して起こる骨粗しょう症の予防にもこの大豆イソフラボンの効果があります。
大豆イソフラボンは骨からカルシウムの流出を抑制させる効果があります。
大豆イソフラボンを摂取する事で骨密度を正常の保ち、骨粗しょう症予防の効果があるのです。
▼こちらのサイトも必見です。
イソフラボンと骨粗鬆病

以上の5つの効果が大豆イソフラボンにはあり、特に大豆イソフラボンでも、吸収が早く分子の小さな大豆イソフラボンアグリゴン型で摂取する事が大切なのです。

いかがでしたか?女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンには女性にとって嬉しい効果が沢山あります。
女性が若くいられる秘訣はこの大豆イソフラボンが欠かせないのです。

ページのトップへ戻る